B系を目指すならこの着こなし!

B系を目指すならこの着こなし

B系ファッションとはブレイキンというダンススタイルのダンサーが好むファッションが基になって発達したものです。
B系ファッションの着こなしは他のファッションとは違い自分の体型より大きめの服を選ぶことが特徴であり、ズボンは腰まで下ろして穿く腰パンがB系の主流ですが、最近はタイトなズボンも流行しています。
ハーフパンツの場合も腰で穿きます。
そして、B系ファッションのアイテムといえばベースボールキャップです。
こちらはツバを折らずに浅くかぶり、乗せるようにします。
アクセサリーはシルバーかゴールドの物を選び、トップスやボトムスのように大きめで派手なの物をつけます。
ベースボールキャップもアクセサリーもB系ファッションには欠かすことができないものです。
アクセサリーの色に合わせて大きめの時計をつけてもいいでしょう。
足元はスマートなスニーカーよりもボリュームのあるものを選びます。
B系ファッションは大きめのサイズを選ぶので、体型がしっかりしている人でもリラックスして着れるファッションです。

ブラック・ミュージック派にピッタリのB系ヘアスタイルとは?

ブラック・ミュージック派にピッタリのB系ヘアスタイルとは?

B系とはブレークダンスの頭文字のBを取ってそう言うそうです。
平たく言うとB系のヘアスタイルとは、ソウル、ヒップポップやレゲエ、R&Bなどのブラックミュージックをこよなく愛する人たちがする個性派のスタイルです。
幾つかのスタイルがありますが、これらのヘアスタイルは本来は黒人の強い縮れ毛質で、ブラッシングやカットや洗髪をしないで、クリエイトした髪型です。
癖の少ない直毛質の日本人がするにはいささかハードでありますが、細かなパーマや、細かな編み込み作業やテクニックで作り上げていきます。
維持やお手入れは大変ですが、本当に好きなオシャレをするのは時として手間がかかります。
美容師がきっと手入れ、維持、洗髪の策を教えてくれます。
エクステを使って作ったスタイル、ブレイズという細い三つ編みたくさんで作るインパクト大のスタイルや、細かい縮れ毛風パーマのアフロヘア、レゲエで有名なボブ・マーレーがやっていたドレットヘア等が主なヘアスタイルです。
ブラック・ミュージック大好きで格好もそれ風でキメたいあなたにピッタリのスタイルです。

「ヘアスタイル」
に関連するツイート
Twitter